2018年06月18日

VSRX Kernel 4.16.15-muqss(MuQSS version) released [Custom 64bit Linux kernel]

The VSRX Kernel is for Ubuntu 16.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch and Ubuntu patch,UKSM patch,BFQ patch to Linux Kernel.

◎VSRX Kernel 4.16.15-muqss(MuQSS version)
◇binary
VSRX kernel 4.16.15-muqss Download

◇source
VSRX kernel source download


◇Main Feautures
- CPU scheduler "MuQSS"
- I/O scheduler "NOOP"
- Aufs
- Zen Interactive Tune
- BBR TCP Congestion Control
- initramfs with zstd
- Built on the GCC 7.3
- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation

◇based kernel source
zen-kernel-4.16.15

◇Applied patches
- Aufs patch
- Ubuntu patch
- Add-x86-zstd-kernel-compression.patch

◇Deleted module
- Most items of Kernel Hacking

◇Optimized kernel configuration
- Processer family -> Snady Bridge
- Kernel Compression mode -> ZSTD
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)
- Timer frequency -> 500Hz
- Default I/O scheduler -> NOOP
- Compiler optimization level -> Optimized performance
- MuQSS on
- Zen Interactive Tune on
- Default CPUFreq Governor -> ondemand
posted by takatan at 15:05| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリジナルOS「VSRX-18.23」での更新予定ポイント

Ubuntu 18.04 LTSベースのオリジナルOSの次のポイントリリース「VSRX-18.23」で更新する部分は以下の通りです。

・Mesa 18.1.1に更新
・カスタムカーネル「VSRX kernel 4.16.15-rt」に更新
・端末上で動作する音楽プレーヤー「cmus」を追加
・パスワード管理ツール「keepassx2」をkeepassxcに変更
・動画エンコーダ「Winff」を追加
・JDownloader2のインストールスクリプトを追加
・オリジナルアプリ「Viper Tools(20180617)」に更新
posted by takatan at 09:59| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

Xubuntu 18.04 LTSではgrub-pcなどを収録していてshim-signedなどのセキュアブートに関連するパッケージはプリインストールされていない

Xubuntu 18.04 LTSではgrub-pcなどを収録していてshim-signedなどのセキュアブートに関連するパッケージはプリインストールされていません。ライブメディアによるOS起動はUEFI対応しているGRUBを使っているのだから、ちょっと意外でした(^_^;)。

Screenshot from 2018-06-17 19-21-17.png
Screenshot from 2018-06-17 19-21-11.png

LibreOfficeやFirefoxやThunderbirdなどは収録されていますが、GIMPは収録されていません。プリインストールされているアプリの数は1676個。Lubuntu 18.04 LTSが1300個ほどであり、ISOの容量が1GBですが必要なパッケージが削られていますので、Xubuntuの1.6GBは比較的バランスが良いと言えるでしょう。

Screenshot from 2018-06-17 19-30-38.png
Screenshot from 2018-06-17 19-30-47.png


posted by takatan at 19:27| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Xubuntu 18.04 LTSとLubuntu 18.04 LTSのfilesystem.squashfsで使われている圧縮アルゴリズム

Xubuntu 18.04 LTSとLubuntu 18.04 LTSのfilesystem.squashfsで使われている圧縮方式が気になったので、調べてみました。コマンドは以下の通りです。


$ unsquashfs -s filesystem.squashfs | awk '/^Compression/{print $2}'


◇Xubuntu 18.04 LTS
Screenshot from 2018-06-17 17-20-05.png

◇Lubuntu 18.04 LTS
Screenshot from 2018-06-17 17-17-05.png

いずれもgzipで圧縮されていました。xz圧縮を使っているのかと思っていましたが、意外でした。

ちなみに、Ubuntu 18.04 LTSベースで作られたPuppy LinuxライクなOS「BionicDog」についても調べました。
https://debiandog.github.io/doglinux/zz06-zbionicdog.html
Screenshot from 2018-06-17 17-44-38.png

BionicDogのfilesystem.squashfsはxz圧縮されていました。
posted by takatan at 17:46| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

VSRX Kernel 4.17.2-pds098r(PDS version) released [Custom 64bit Linux kernel]

The VSRX Kernel is for Ubuntu 16.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch and Ubuntu patch,UKSM patch,PDS,graysky’s GCC patch to Linux Kernel.

◎VSRX Kernel 4.17.2-pds098r(PDS version)
◇binary
VSRX kernel 4.17.2-pds098r Download

◇source
VSRX kernel 4.17.2-pds098r source download

◇Main Feautures
- CPU shceduler "PDS"
- I/O scheduler "NOOP"
- Aufs
- UKSM
- Zen Interactive Tune
- BBR TCP Congestion Control
- initramfs with zstd
- Built on the GCC 7.3
- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation

◇based kernel source
zen-tune kernel-4.17

◇Applied patches
- pds 0.98r patch
- BFQ-MQ/SQ patch
- Linux 4.17.2 patch
- Aufs patch
- UKSM patch
- Ubuntu patch
- graysky's GCC patch
- Add-x86-zstd-kernel-compression.patch

◇Deleted module
- Most items of Kernel Hacking

◇Optimized kernel configuration
- Processer family -> Sandy Bridge
- Kernel Compression mode -> ZSTD
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)
- Timer frequency -> 500Hz
- Default I/O scheduler -> NOOP
- Compiler optimization level -> Optimize performance
- PDS on
- UKSM on
- Zen Interactive Tune on
- Default CPUFreq Governor -> ondemand
posted by takatan at 17:57| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VSRX Kernel 4.16.15-rt(PREEMPT_RT version) released [Custom Linux kernel]

The VSRX Kernel is for Ubuntu 16.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch,Ubuntu patch,UKSM patch,PREEMPT_RT patch to Linux Kernel.

◎VSRX Kernel 4.16.15-rt(PREEMPT_RT version)

◇binary
VSRX kernel 4.16.15-rt download

◇source
VSRX kernel 4.16.15-rt source download

◇Main Feautures
- hard realtime kernel
- I/O scheduler "NOOP"
- Aufs
- UKSM
- Built on the GCC 7.3
- BBR TCP Congestion Control
- Zen Interactive Tune
- initramfs with zstd
- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation

◇based kernel
Zen-tune kernel 4.16

◇Applied patches
- PREEMPT_RT patch
- Linux 4.16.12 patch
- Aufs patch
- UKSM patch
- Ubuntu patch
- graysky's GCC patch
- Add-x86-zstd-kernel-compression patch

◇Deleted module
- All related to Kernel Hacking

◇Optimized kernel configuration
- Processor family -> Sandy Bridge
- Kernel Compression mode -> ZSTD
- Preemption Model -> Fully Preemptible Kernel (RT)
- Timer frequency -> 1000Hz
- Default I/O scheduler -> NOOP
- Compiler optimization level -> Optimize Performance
- RCU Boost delay -> 500
- HD-audio pre-allocated buffer size -> 2048
- UKSM on
- Zen Interactive Tune on
- Default CPUFreq Governor -> ondemand
posted by takatan at 15:50| 大阪 ☁ | TrackBack(0) | アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASRockのDesk Mini 310が発売されるらしい

https://www.asrock.com/nettop/Intel/DeskMini%20310%20Series/index.asp

ASRockのMini-STX規格のベアボーンPCシリーズ「Desk Mini」のCoffee Lake-S対応版「Desk Mini 310」が発売されるようです。公式サイトで製品ページが公開されています。

スペックは以下の通りです。ちゃんと、Desk Mini 110の良かったところを継承しているようですね(^^)

Supports IntelR 8th Core™ / PentiumR / CeleronR LGA1151 processors
Dual DDR4 SO-DIMMs, up to 32GB
Triple Video outputs: DisplayPort, HDMI & D-Sub
1 x Ultra M.2 PCIe Gen3 x4 Slot
2 x 2.5" HDD/SSD Tray
1 x M.2 (2230) Wi-Fi Slot
USB 3.1 Gen1 Type-C port
Micro SD Card Reader


ASRock   DeskMini 310 Series.png
posted by takatan at 14:55| 大阪 ☀| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

「Error! Could not locate dkms.conf file.File: does not exist.」が出た場合の対処法

Ubuntuのバージョンアップを行なった時に、新しいカーネルのインストールが出来ない事があります。その時にエラーメッセージを調べますと、以下のエラーが表示されます。

Error! Could not locate dkms.conf file.
File: does not exist.


/var/lib/dkms以下に古いファイルがあると、dkmsでモジュールのビルドが出来ない為に、このエラーが発生します。そこで、対処法としてはこの直下の古いファイルを削除すれば良いです。xxxというフォルダがあるとすると以下のコマンドでxxxを削除可能です。


$ rm -r /var/lib/dkms/xxx
posted by takatan at 03:16| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SquashFSで作成したファイルの圧縮方式を確認するには

SquashFSで作成したファイルの圧縮方式をするには、xxx.suqashfsというファイルで確認したい場合、以下のコマンドで確認出来ます。


$ unsquashfs -s xxx.squashfs | awk '/^Compression/{print $2}'
posted by takatan at 03:06| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

オリジナルOS「VSRX-18」をどのようにしてUbuntu 16.04 LTSベースからUbuntu 18.04 LTSベースに変更したのか?

オリジナルOS「VSRX-18」は、ポイントリリース「VSRX-18.22」からUbuntu 18.04 LTSベースに変更しました。

Ubuntu 16.04 LTSベースからUbuntu 18.04 LTSベースにした方法は、アップグレード用のコマンドではなく、/etc/apt/sources.listなどのPPAの一部分である「xenial」を「bionic」に変更して、sudo apt-get update && sudo apt-get -y upgradeでアップグレードを行いました。
以前までは、新しいUbuntuが出たら、それをベースに一から作っていたのですが、アップグレードでもほぼ問題無く移行出来るようになっているので、この方法を採用しています。

まだ16.04用のパッケージが残っている場合は手動で変更を実施しました。
posted by takatan at 16:55| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする