◎メインサイトとSNS
VSRX - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファ レンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しています。
RED - デジタルガジェットとサブカルチャーの話題を取り上げています。
Instagram
Youtube Channel
KANSAI IDOL EVENT Calendar
人気記事ランキング
    最近の記事

    2018年09月26日

    M.U.G.E.N Full game"Crossover(ver.20180926)"





    [Change Point]
    - Delete Nyarlathotep,Chunli(sf4),Cammy(sf4),Poison(sf4)
    - Added Chunli(sf3),Cammy(MVC2),Poison(sf3),Princess Athena(SVC)
    - Removed Ginza stage,Ferris jyogakuin stage,Akb stage,Tobitashinchi stage,dreamy_world stage
    - Relesed Team Battle mode and Survival mode
    - Changed the rape scene of Schlussel
    - I made a littile change to Shibuya 109 stage,Yodobashi stage,MAID CAFFE stage,Hepfive stage,earth-worlds stage,nightvillage stage,town stage
    - Changed the pictuers of the default ending
    Download Crossover

    Please use 7zip to decompress the file.
    If you are using Linux,you can install from various package managers.

    [Operating enviroment]
    Windows+OpenGL,Linux+Wine+OpenGL
    [Game Engine]
    M.U.G.E.N 1.1β1

    Restricted to 18 years and over(hentai game)


    [Characteristics]
    - Full color indication by M.U.G.E.N 1.1β1
    - It is equipped with the rape mode that a loser is raped.
    - Some characters are equipped with ryona function and hentai function.
    - 64 fighters participate
    - Contains 26 stage

    [64 fighters]
    - Asuna Yuuki(Sword Art Online)
    - Yuuki Konno(Sword Art Online)
    - Yuka Takeuchi(V.G)
    - Jun Kubota(V.G)
    - Akiha Tohno(Melty Blood)
    - Hisui(Melty Blood)
    - Yumiduka Satuki(Melty Blood)
    - Kuroyukihime(Accel World)
    - Chunli(Street Fighter III)
    - Cammy White(MVC2)
    - Sakura Kasugano(Street Fighter α)
    - Elena(Street Fighter III)
    - Rainbow Mika(Street Fighter)
    - Poison(Street Fighter III)
    - Athena Asamiya(The King of fighters)
    - Mai Shiranui(The King of Fighters)
    - Leona Heidern(The King of Fighters)
    - Yuri Sakazaki(The King of Fighters)
    - BlueMary(The King of Fighters)
    - Kula Diamond(The King of fighters)
    - Athena(SVC)
    - Nakoruru(samurai spirits)
    - Mina Majikina(Samurai Spirits)
    - Shiki(Samurai Spirits)
    - Iroha(samurai spirits)
    - Jill Valentine(Biohazard)
    - Miku Hatune(Hatune Miku)
    - Kirino Kousaka(ore_no_imouto_ga_konna_ni_kawaiiwake_ga_nai)
    - Misaka Mikoto(to_aru_majyutu_no_index)
    - Taiga Aisaka(toradora)
    - Heart_Aino(Arcana Heart)
    - Wonder Momo(Wonder Momo)
    - ATY(Summon Night)
    - Kai(The Tower of Druaga)
    - Sailor Mars(Sailor Moon)
    - Sailor Neptune(Sailor Moon)
    - Cure Blossom(Precure)
    - Yui Hirasawa(K-ON!)
    - Mio Akiyama(K-ON!)
    - Tumugi Kotobuki(K-ON!)
    - Ristu Tainaka(K-ON!)
    - Azusa Nakano(K-ON!)
    - Lilith(Vampire Hunter)
    - Morrigan(Vampire Hunter)
    - Arena(Dragon Quest IV)
    - Lili(tekken)
    - Luna Himeki(Vanguard Princess)
    - Yukina_Himeragi(STRIKE THE BLOOD)
    - Haruhi Suzumiya(Suzumiya_Haruhi)
    - Scharlachrot(Arcana Heart)
    - Shannon(umineko_no_nakukoro_ni)
    - Blackrock★Shooter(Blackrock Shooter)
    - Selvaria Bles(senjyou_no_valkyria)
    - Shana(syakugan_no_shana)
    - Saber(Fate/Extra)
    - Mami(mahousyoujyo_madoka_magika)
    - Homura(mahousyoujyo_madoka_magika)
    - Miyuki Shiba(mahouka_koukou_no_rettousei)
    - Tohka(Date or Alive)
    - Emi Yusa(Hataraku_maou_sama)
    - Ako(netoge_no_yome_ha_onnanoko_to_omowanakatta?)
    - Yoko Littner(tengen_toppa_gurren_lagann)
    - Schlussel
    - Princess Athena(SVC)
    - Yukiko Amagi(P4)

    [26 Stages]
    - Sofmap stage
    - Joshin stage
    - Yodobashi stage
    - Osakastation stage
    - Shibuya109 stage
    - Shinagawa jyoshi gakuin stage
    - Coast stage
    - City stage
    - Maid cafe stage
    - Ikebukuro station stage
    - Bath stage
    - Boatrace suminoe stage
    - Kyobashi stage
    - Otaroad stage
    - Hepfive stage
    - earth-worlds stage
    - remains stage
    - nightvillage stage
    - church stage
    - forests stage
    - colosseum_fantasy stage
    - ruins stage
    - town stage
    - fortress stage
    - desertStorm stage
    - cthulhu stage

    Screenshot from 2018-09-26 00-59-09.png

    Go to Screenshot Page

    posted by takatan at 03:04| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月24日

    Python2.3以前とPython3のリストの逆順にする方法が異なる

    Python2とPython3で違うところは、かなり多いけれども、その中でもリスト処理をしている時に気づき易いのがリストの逆順の方法です。

    ◇Python2.3以前の場合

    import numpy as np
    n1 = np.asarray([1,2,3,4,5])
    n2 = np.asarray([2,4,6,8,10])
    n2 = n2.sort(cmp=lambda x,y:cmp(x[1],y[1]),reverse=True)
    n = zip(n1,n2)
    print(str([i[1] for i in n]))


    ◇Python3の場合

    import numpy as np
    n1 = np.asarray([1,2,3,4,5])
    n2 = np.asarray([2,4,6,8,10])
    n2 = [i for i in n2[::-1]]
    n = zip(n1,n2)
    print(str([i[1] for i in n]))


    Python2.3以前の場合は、lambda式を利用して無名関数を作って、逆順になるまで繰り返し処理をしていくという方法を使ったりしましたが、Python3ではより簡略化されており、スライスで逆順が出来るようになっています。この他にもPython3ではreversed関数を使う事でもリストの逆順を行う事が可能です。

    ◇Python3でreversed関数を使った場合

    import numpy as np
    n1 = np.asarray([1,2,3,4,5])
    n2 = np.asarray([2,4,6,8,10])
    n2 = [i for i in reversed(n2)]
    n = zip(n1,n2)
    print(str([i[1] for i in n]))

    posted by takatan at 01:49| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    Google Colaboratoryを使ってオンラインでPythonを使おう!

    Pythonを使おうと思ったら、LinuxなどのOS上にPythonの実行環境やライブラリなどをインストールしなければいけません。近年では、Jupyter notebookが登場した事で、Pythonを使ったスクリプトの作成も直ぐにコードを書いて実行する環境が作る事が出来るようになっていますが、それでも、Jupyter notebookを導入するまで時間がかかってしまいます。

    いつでも直ぐにPythonのコードを書いて実行したいのであれば、Googleが公開しているオンラインサービス「Google Colaboratory」を使ってみると便利です。
    https://colab.research.google.com/

    アクセスすれば、既にJupyter notebookベースのGoogle Colaboratoryが使えるようになっていますので、新規プロジェクトを作って色々とコードを書いて試してみて下さい(^^)

    以下が実際の画面です。

    こんにちはColaboratory   Colaboratory.png

    posted by takatan at 01:17| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月23日

    ArchWikiでLinuxの音楽環境を考えてみよう

    ArchLinuxの情報源であるArchWikiは、他のLinuxディストリビューションでも応用する事が出来ますので、僕はよく閲覧しています。今回は、このArchWikiの「プロオーディオ」という項目に着目して、Linux上での音楽再生環境、あるいはDTM環境について考えてみたいと思います。基本的にどのLinuxディストリビューションでもやっておいた方が良いのは、この部分です。
    https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA#.E3.82.B7.E3.82.B9.E3.83.86.E3.83.A0.E3.81.AE.E8.A8.AD.E5.AE.9A


    以下のシステムの最適化がよく使われています:

    ユーザーを audio グループに追加する。
    threadirqs カーネルパラメータを追加する。
    linux-rtAUR カーネルをインストールする。
    cpufreq の governor を performance に設定する。

    noatime をファイルシステムのマウントオプションに追加する (パフォーマンスの最大化を参照)。
    リアルタイムの設定は大部分が自動化されています。リアルタイムアクセスのために /etc/security/limits.conf などのファイルを編集する必要はもうありません。とはいえ、設定を変更する必要があるときは、/etc/security/limits.d/99-audio.conf や /usr/lib/udev/rules.d/40-hpet-permissions.rules を見て下さい (これらのファイルは jack や jack2 に含まれています)。さらに、RTC の最大割り込み周波数 (デフォルトは 64 Hz) を増やすには起動時に次を実行するようにしてください:

    echo 2048 > /sys/class/rtc/rtc0/max_user_freq
    echo 2048 > /proc/sys/dev/hpet/max-user-freq
    デフォルトでは、swappiness によって定義されるスワップの頻度は 60 に設定されています。この数字を 10 にまで減らすことで、システムはディスクへの書き込みをしにくくなります。また、ファイルの変更を監視してアプリケーションにそれを報告する inotify というものがあります。大量の音声データを扱う場合、多くの対象を監視する必要がでるため、監視対象の上限を増やす必要があります。どちらの設定も /etc/sysctl.d/99-sysctl.conf で調整ができます。

    vm.swappiness = 10
    fs.inotify.max_user_watches = 524288

    PCI サウンドカードの PCI レイテンシタイマを最大化して他の全ての PCI 周辺機器のレイテンシタイマを上げるのも効果があります (デフォルトは 64 です)。

    $ setpci -v -d *:* latency_timer=b0
    $ setpci -v -s $SOUND_CARD_PCI_ID latency_timer=ff # eg. SOUND_CARD_PCI_ID=03:00.0 (下を参照)


    Linux-ckなどのカスタムカーネルでは、cpufreq governorがondemandになっているケースが多いのですが、どうやら、performance設定にしておいた方が良いようです。プロセッサのクロック周波数を抑えて、ノイズを抑えた方が良いと考えている人もいますので、この辺がちょっと分からないですね(^_^;)


    デスクトップ効果と JACK
    上のシステムの設定セクションに書かれている要素と realTimeConfigQuickScan.pl で確認できる設定に加えて、デスクトップ環境によって xruns や JACK の音声に問題が発生することもあります。特にメモリや CPU の消費が激しいデスクトップ効果を利用するデスクトップで発生します。JACK を使用する際はデスクトップ効果を無効化することを推奨します。軽量なデスクトップやウィンドウマネージャを使うことで最適なパフォーマンスを得ることができるでしょう。

    デスクトップ効果は出来るだけ切っておいた方が良いようです。今はハードウェアの性能が上がって、デスクトップ効果を出す事でプロセッサが余計にリソースを使うといった事が起こらなくなっているので、それほど神経質にならなくても良いですが、より綺麗な音を出したいのであれば、デスクトップ効果を切っておいても良いでしょう。

    ◇リアルタイムカーネルについて
    リアルタイムカーネルの導入は、現在のバニラカーネルでも十分にソフトリアルタイム性能がありますので、もうほとんど入れる必要性は無いと思いますが、入れておきますと自己満足出来ます(^_^;)HyperThreading TechnologyやSMTといった技術もBIOSなどで切っておいた方が音が安定するようです。

    https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA#.E3.83.AA.E3.82.A2.E3.83.AB.E3.82.BF.E3.82.A4.E3.83.A0.E3.82.AB.E3.83.BC.E3.83.8D.E3.83.AB

    ◇Wi-FiとJackの安定化
    https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA#.E3.83.92.E3.83.B3.E3.83.88.E3.81.A8.E3.83.86.E3.82.AF.E3.83.8B.E3.83.83.E3.82.AF

    録音をするときは WiFi を無効化してブラウザなどの不要なプログラムを終了してください。WiFi を無効化することで JACK のパフォーマンスが安定するようになったという報告は多数あります。


    ネットワーク関連の機器はノイズを発生するという事もあり、Wi-Fiなどのネットワークを切る事でノイズを大幅に減らす事ができ、Jack Audio Connection Kitの安定性が向上します。
    posted by takatan at 16:47| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月22日

    VSRX Kernel 4.18.9-pds098z(PDS version) released [Custom 64bit Linux kernel]

    The VSRX Kernel is for Ubuntu 18.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch and Ubuntu patch,UKSM patch,PDS,graysky’s GCC patch to Linux Kernel.

    VSRX kernelはオリジナルOSであるVSRX-18向けに開発し、Ubuntu 18.04 LTSに対応したカスタムカーネルであり、CPUスケジューラー「PDS」を搭載し、Aufs・Ubuntu・graysky’s GCCを適用しています。Zen Interactive Tuneを適用していますので、よりレスポンス性能を高めています。

    ◎VSRX Kernel 4.18.9-pds098z(PDS version)
    ◇binary

    ◇source


    ◇Main Feautures
    - CPU shceduler "PDS"
    - I/O scheduler "NOOP"
    - Aufs
    - UKSM
    - Zen Interactive Tune
    - BBR TCP Congestion Control
    - initramfs with zstd
    - Built on the GCC 8.0.1
    - Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation

    ◇based kernel source
    zen-tune kernel-4.18

    ◇Applied patches
    - linux 4.18.9 patch
    - Aufs patch
    - PDS 0.98z patch
    - UKSM patch
    - Ubuntu patch
    - Add-x86-zstd-kernel-compression.patch

    ◇Deleted module
    - Most items of Kernel Hacking

    ◇Optimized kernel configuration
    - Processer family -> Ice Lake
    - Kernel Compression mode -> ZSTD
    - Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)
    - Timer frequency -> 500Hz
    - Default I/O scheduler -> NOOP
    - Compiler optimization level -> Optimize size
    - PDS on
    - UKSM on
    - Zen Interactive Tune on
    - Default CPUFreq Governor -> ondemand

    posted by takatan at 14:16| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月21日

    Original 64bit OS "VSRX-18.36" [64bit Linux distribution] released

    [Change Point]
    - Apply update of the Linux application until September 21, 2018
    - Changeed to Custom kernel "VSRX kernel 4.18.9-muqss0173"
    - Changed the settings of Pulse Audio and MPV for high quality sound and low CPU rate

    ◇ISO Download



    Screenshot from 2018-07-21 10-18-57.png




    ◇概要

    VSRX-18(Valkyrie Super Remixed Linux-18)は、Linuxディストリビューションである「Ubuntu LTS版」をベースに開発した64bit OSです。


    デスクトップ環境は、ウィンドウマネージャーのOpenboxをベースにデスクトップ環境「Xfce」「LXDE」用アプリケーションなどで構成しています。


    このOSは、Linuxカーネル4.18をベースにしたカスタムカーネルを搭載しています。カスタムカーネルは、グラフィックドライバ「Mesa 18」と組み合わせる事で、高レスポンス性とハイパフォーマンスを実現しています。

    VSRXは、「人工知能プログラムの開発環境・実行環境の提供」、「Linux・Windowsのアプリケーションの実行環境の提供」、「ソフトウェア開発・Web開発環境の提供」、「マルチメディアコンテンツ作成環境の提供」、「先端的な科学技術・データサイエンス環境の提供」、「ゲーミング環境の構築」を実施しています。


    「Chromium Browser」「GIMP」「Shotcut」「MPV」「Audacious」「Emacs」「PlayOnLinux」などの人気アプリケーションを搭載しており、デスクトップコンピューティングで行う作業をほぼカバーしてます。SSB(Specific site Browser)によって、強力なオンラインサービスをデスクトップアプリケーションのように使う事が可能です。

    オリジナルアプリケーション「Viper Tools」でシステム起動音の変更、新しいアプリケーションの追加から人工知能による自動文章構築と読み上げまでを行えます。


    ◇ Overview

    VSRX-18(Valkyrie Super Remixed Linux-18) is a 64bit OS which was developed based on the "Ubuntu LTS", which is a Linux distribution.


    The desktop environment of this OS add the application for desktop environment "Xfce" and "LXDE" to the window manager "Openbox".


    This OS is equipped with a custom kernel based on the Linux kernel 4.18.The custom kernel realize high response and high performance by combining it with the graphic driver "Mesa 18".

    Valkyrie Super Remixed Linux is carried out the "providing development environment and execution environment for artificial intelligence programs", "providing execution environment for Linux/Windows applications", "providing software development and web development environment", "providing multimedia contents creation environment , "Providing cutting-edge science and technology/data science environment","building a gaming environment".


    It is equipped with popular application such as "Chromium Browser","GIMP","Shotcut","mpv","Audacious","Emacs","PlayOnLinux"etc.This os almost covers work to perform by desktop computing. By SSB(Specific site Browser), it can use the strong online service like desktop application.

    Valkyrie Super Remixed Linux can perform automatic sentence construction and reading aloud with the artificial intelligence from a change of the system startup sound, addition of new application in original application "Viper Tools".



    [Recommended system requirements]

    Processor : Intel Core i7/i5/i3,Pentium G/Celeron G,SoC after Atom Z3000

    AMD FX processor、A10/A8/A6 APU

    Memory: 2GB and over

    Storage: 128GB and over HDD/SSD/USB memory

    Network: FTTH・ADSL・LTE・WiMAX2+ etc.


    [Tested Motherboard]

    B150M COMBO(ASRock)

    H97I-PLUS (ASUS)

    C1007UN-D (GIGABYTE)


    [Tested Stick PC(stable with wireless LAN toggle)]

    CSTK-32W(Intel,IO DATA)

    posted by takatan at 22:24| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    VSRX Kernel 4.18.9-muqss0173(MuQSS version) released [Custom 64bit Linux kernel]

    The VSRX Kernel is for Ubuntu 18.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch and Ubuntu patch,MuQSS,CK1,graysky’s GCC patch to Linux Kernel.


    VSRX kernelはオリジナルOSであるVSRX-18向けに開発し、Ubuntu 18.04 LTSに対応したカスタムカーネルであり、CPUスケジューラー「MuQSS」を搭載し、CK1・Aufs・Ubuntu・graysky’s GCCを適用しています。Zen Interactive Tuneを適用していますので、よりレスポンス性能を高めており、他のバージョンのカスタムカーネルよりもゲーム性能などが高まっているのが特徴です。


    ◎VSRX Kernel 4.18.9-muqss0173(MuQSS version)

    ◇binary



    ◇source



    ◇Main Feautures

    - CPU shceduler "MuQSS"

    - I/O scheduler "NOOP"

    - Aufs

    - UKSM

    - Zen Interactive Tune

    - BBR TCP Congestion Control

    - initramfs with zstd

    - Built on the GCC 8.0.1

    - Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation


    ◇based kernel source

    zen-tune kernel-4.18


    ◇Applied patches

    - linux 4.18.9 patch

    - Aufs patch

    - muqss 0.173 patch

    - UKSM patch

    - Ubuntu patch

    - Add-x86-zstd-kernel-compression.patch

    - ck1 patch


    ◇Deleted module

    - Most items of Kernel Hacking


    ◇Optimized kernel configuration

    - Processer family -> Ivy Bridge

    - Kernel Compression mode -> ZSTD

    - Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)

    - Timer frequency -> 500Hz

    - Default I/O scheduler -> NOOP

    - Compiler optimization level -> Optimize size

    - MuQSS on

    - UKSM on

    - Zen Interactive Tune on

    - Default CPUFreq Governor -> ondemand

    posted by takatan at 16:38| 大阪 ☀| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月20日

    MPVの設定を変更

    オリジナルOS「VSRX-18」には、動画プレーヤーとしてMPVをプリインストールしています。これの設定を変更していきます。
    ~/.config/mpv以下に設定ファイルを作って変更を適用しています。
    https://wiki.archlinux.jp/index.php/Mpv
    ◇mpv.conf

    # Write your default config options here!

    cache=262144

    deinterlace=yes
    hwdec=vdpau
    profile=opengl-hq
    ao=pulse
    af=acompressor


    ◇input.conf

    Alt+RIGHT add video-rotate 90
    Alt+LEFT add video-rotate -90
    Alt+- add video-zoom -0.25
    Alt+= add video-zoom 0.25
    Alt+j add video-pan-x -0.05
    Alt+l add video-pan-x 0.05
    Alt+i add video-pan-y 0.05
    Alt+k add video-pan-y -0.05

    SHIFT+* add ao-volume 2


    ◇luna-settings/osc.conf

    layout=bottombar
    vidscale=no
    scalewindowed=1.75
    scalefullscreen=1.75
    boxalpha=160
    hidetimeout=2000
    posted by takatan at 17:29| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    Wine stagingにCSMTの項目が無いなあと思っていたら既にデフォルトでWineに取り込まれていた

    ちょっと古いバージョンのWineですと、CSMTというOpenGLの特別なシステムコールを使えるものがありました。しかし、Wine 3.3以降はどうやら、デフォルトでCSMTがオンになっていました(^_^;)

    https://wiki.archlinux.jp/index.php/Wine#CSMT

    CSMT は OpenGL コールに対して特別なスレッドを使うことでパフォーマンスを著しく向上させる技術で、Wine によって使われています。Wine 3.3 から CSMT はデフォルトで有効になっています。


    だから、CSMTが欲しい場合には、もう新しいバージョンの安定版や開発版のWineをインストールしておけば良いのです。
    posted by takatan at 15:54| 大阪 ☔| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    オリジナルOS「VSRX-18」での音質向上策について

    オリジナルOS「VSRX-18」では、デフォルトのUbuntuよりも音質が向上するようにしています。Pulse Audio+Jack Audio Connetion Kitの組み合わせで、VSRX-18のサウンドシステムを構築していますが、qjackctlで設定していません。その理由は、Windows APIレイヤー「Wine」上でWindowsアプリケーションを起動させた時に、Pulse AudioでもALSAでも音が出なくなってしまうからです。その対策として、jack_controlコマンドでJACK Audio Connection Kitの設定をし、動作させています。これでWine上でALSAを使ってサウンド再生出来るようにしておけば、通常Pulse Audio+Jack Audio Connection Kitの組み合わせで音を出していても、自動的に切り替わるようになります。qjackctl経由でサウンドシステムを起動させた場合は、この自動切り替えが出来ないので注意してください。この方法は、Ubuntu系Linuxディストリビューションで有効かと思います。

    さて、VSRX-18の音質向上策は、Pulse AudioとJack Audio Connetion Kitをmodule-jack-sink/module-jack-sourceというPulse Audio用の2つのモジュールを使って接続して、以下の設定を行っています。

    ・リアルタイムをオン
    ・サンプルレート:192000KHz
    ・フレーム/ピリオド:1024
    ・ピリオド/バッファー:3
    ・1フレーム当たり128周
    ・schedtoolを使って優先順位を上げた


    上記の設定は以下のスクリプトで行っています。

    #JACK+PulseAudio
    sleep 5;jack_control start &
    sudo schedtool -R -p 256 `pidof jackdbus`
    jack_control eps realtime true
    jack_control ds alsa
    jack_control dps device hw:0
    jack_control dps rate 192000
    jack_control dps nperiods 3
    jack_control dps period 1024
    sleep 5;pactl load-module module-jack-sink channels=2
    pactl load-module module-jack-source channels=2
    sleep 3;pacmd set-default-sink jack_out
    pacmd set-default-source jack_in

    #sleep 2;ln -s /usr/bin/pulseaudio /tmp &
    #sleep 5;/tmp/pulseaudio --start &
    sleep 5;pulseaudio --start &


    Pulse Audioの設定も変更しました。
    ~/.config/pulse/daemon.conf

    # This file is part of PulseAudio.
    #
    # PulseAudio is free software; you can redistribute it and/or modify
    # it under the terms of the GNU Lesser General Public License as published by
    # the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
    # (at your option) any later version.
    #
    # PulseAudio is distributed in the hope that it will be useful, but
    # WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
    # MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU
    # General Public License for more details.
    #
    # You should have received a copy of the GNU Lesser General Public License
    # along with PulseAudio; if not, see .

    ## Configuration file for the PulseAudio daemon. See pulse-daemon.conf(5) for
    ## more information. Default values are commented out. Use either ; or # for
    ## commenting.

    daemonize = no
    ; fail = yes
    ; allow-module-loading = yes
    ; allow-exit = yes
    ; use-pid-file = yes
    ; system-instance = no
    ; local-server-type = user
    ; enable-shm = yes
    ; enable-memfd = yes
    ; shm-size-bytes = 0 # setting this 0 will use the system-default, usually 64 MiB
    ; lock-memory = no
    ; cpu-limit = no

    high-priority = yes
    nice-level = -11

    realtime-scheduling = yes
    realtime-priority = 20

    ; exit-idle-time = 20
    ; scache-idle-time = 20

    ; dl-search-path = (depends on architecture)

    ; load-default-script-file = yes
    ; default-script-file = /etc/pulse/default.pa

    ; log-target = auto
    ; log-level = notice
    ; log-meta = no
    ; log-time = no
    ; log-backtrace = 0

    resample-method = speex-float-2
    ; avoid-resampling = false
    ; enable-remixing = yes
    ; remixing-use-all-sink-channels = yes
    ; enable-lfe-remixing = no
    ; lfe-crossover-freq = 0

    flat-volumes = no

    ; rlimit-fsize = -1
    ; rlimit-data = -1
    ; rlimit-stack = -1
    ; rlimit-core = -1
    ; rlimit-as = -1
    ; rlimit-rss = -1
    ; rlimit-nproc = -1
    ; rlimit-nofile = 256
    ; rlimit-memlock = -1
    ; rlimit-locks = -1
    ; rlimit-sigpending = -1
    ; rlimit-msgqueue = -1
    ; rlimit-nice = 31
    ; rlimit-rtprio = 9
    ; rlimit-rttime = 200000

    default-sample-format = s16le
    default-sample-rate = 96000
    alternate-sample-rate = 48000
    ; default-sample-channels = 2
    ; default-channel-map = front-left,front-right

    ; default-fragments = 4
    ; default-fragment-size-msec = 25

    ; enable-deferred-volume = yes
    deferred-volume-safety-margin-usec = 1
    ; deferred-volume-extra-delay-usec = 0

    posted by takatan at 12:17| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする