◎メインサイトとSNS
VSRX - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファ レンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しています。
RED - デジタルガジェットとサブカルチャーの話題を取り上げています。
Instagram
Youtube Channel
KANSAI IDOL EVENT Calendar
人気記事ランキング
    最近の記事

    2018年11月12日

    Original 64bit OS "VSRX-18.41" [64bit Linux distribution] released

    [Change Point]
    - Apply update of the Linux application until Norvember 11, 2018
    - Changed to Custom kernel "VSRX kernel 4.19.1-rt3"
    - Deleted Geany,fbpanel
    - Added plank stalonetray
    - Changed fbpanel to fbpanel-qt
    - Changed the Openbox right click menu

    ◇ISO Download
    - VSRX-18 Download(1.8GiB ISO File)
    - VSRX-18 Documentation
    - Custom Kernel download
    - Viper Tools Download

    ◇インストール方法
    1.ISOをダウンドード
    2.UNetbootinでUSBメモリーにインストールディスク(Live USB)を作成。
    https://unetbootin.github.io/
    3.Live USBをパソコンのUSBポートに挿入して、UEFIからLive USBで起動出来るように、USBメモリーから起動出来るようにする。(メーカーロゴが出ている時にF11キーなどを押す。)
    4.Live USBでシステムを起動。余計な物をインストールしないようにし、高速にインストールする為にネットを切っておく。トラブルを防止出来ます。
    5.右クリック→「Install VSRX」→インストール
    6.OSのインストールが終わった後に出てくるダイアログで「試用を続ける」を選択する。選択後に自動的にboot-repairが起動。
    7.「高度なオプション」→「GRUBのオプション」→「SecureBoot」のチェックを外して、適用ボタンを押す。
    8.GRUBをインストールしたら、システムの再起動(エラーが出ていてもGrub2はインストールされているので問題無く起動出来ます。)


    Screenshot from 2018-11-12 15-37-46.png



    ◇概要
    VSRX-18(Valkyrie Super Remixed Linux-18)は、Linuxディストリビューションである「Ubuntu LTS版」をベースに開発した64bit OSです。

    デスクトップ環境は、ウィンドウマネージャーのOpenboxをベースにデスクトップ環境「Xfce」「LXDE」用アプリケーションなどで構成しています。

    このOSは、Linuxカーネル4.19をベースにしたカスタムカーネルを搭載しています。カスタムカーネルは、グラフィックドライバ「Mesa 18」と組み合わせる事で、高レスポンス性とハイパフォーマンスを実現しています。
    VSRXは、「人工知能プログラムの開発環境・実行環境の提供」、「Linux・Windowsのアプリケーションの実行環境の提供」、「ソフトウェア開発・Web開発環境の提供」、「マルチメディアコンテンツ作成環境の提供」、「先端的な科学技術・データサイエンス環境の提供」、「ゲーミング環境の構築」を実施しています。

    「Chromium Browser」「GIMP」「Shotcut」「MPV」「Audacious」「Emacs」「PlayOnLinux」などの人気アプリケーションを搭載しており、デスクトップコンピューティングで行う作業をほぼカバーしてます。SSB(Specific site Browser)によって、強力なオンラインサービスをデスクトップアプリケーションのように使う事が可能です。
    オリジナルアプリケーション「Viper Tools」でシステム起動音の変更、新しいアプリケーションの追加から人工知能による自動文章構築と読み上げまでを行えます。

    ◇ Overview
    VSRX-18(Valkyrie Super Remixed Linux-18) is a 64bit OS which was developed based on the "Ubuntu LTS", which is a Linux distribution.

    The desktop environment of this OS add the application for desktop environment "Xfce" and "LXDE" to the window manager "Openbox".

    This OS is equipped with a custom kernel based on the Linux kernel 4.19.The custom kernel realize high response and high performance by combining it with the graphic driver "Mesa 18".
    Valkyrie Super Remixed Linux is carried out the "providing development environment and execution environment for artificial intelligence programs", "providing execution environment for Linux/Windows applications", "providing software development and web development environment", "providing multimedia contents creation environment , "Providing cutting-edge science and technology/data science environment","building a gaming environment".

    It is equipped with popular application such as "Chromium Browser","GIMP","Shotcut","mpv","Audacious","Emacs","PlayOnLinux"etc.This os almost covers work to perform by desktop computing. By SSB(Specific site Browser), it can use the strong online service like desktop application.
    Valkyrie Super Remixed Linux can perform automatic sentence construction and reading aloud with the artificial intelligence from a change of the system startup sound, addition of new application in original application "Viper Tools".


    [Recommended system requirements]
    Processor : Intel Core i7/i5/i3,Pentium G/Celeron G,SoC after Atom Z3000
    AMD FX processor、A10/A8/A6 APU
    Memory: 2GB and over
    Storage: 128GB and over HDD/SSD/USB memory
    Network: FTTH・ADSL・LTE・WiMAX2+ etc.

    [Tested Motherboard]
    B150M COMBO(ASRock)
    H97I-PLUS (ASUS)
    C1007UN-D (GIGABYTE)

    [Tested Stick PC(stable with wireless LAN toggle)]
    STCK1A32WFC(Intel)
    posted by takatan at 15:33| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする