◎メインサイトとSNS
VSRX - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファ レンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しています。
RED - デジタルガジェットとサブカルチャーの話題を取り上げています。
Instagram
Youtube Channel
KANSAI IDOL EVENT Calendar
人気記事ランキング
    最近の記事

    2018年11月16日

    VSRX Kernel 4.19.1-pds099d(PDS version) released [Custom 64bit Linux kernel]

    The VSRX Kernel is for Ubuntu 18.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch and Ubuntu patch,UKSM patch,PDS,graysky’s GCC patch to Linux Kernel.
    VSRX kernelはオリジナルOSであるVSRX-18向けに開発し、Ubuntu 18.04 LTSに対応したカスタムカーネルであり、CPUスケジューラー「PDS」を搭載し、Aufs・Ubuntu・graysky’s GCCを適用しています。Zen Interactive Tuneを適用していますので、よりレスポンス性能を高めています。

    ◎VSRX Kernel 4.19.2-pds099d(PDS version)
    ◇binary
    VSRX kernel 4.19.2-pds099d Download

    ◇source
    VSRX kernel 4.19.2-pds099d source download

    ◇Main Feautures
    - CPU shceduler "PDS"
    - I/O scheduler "NOOP"
    - Aufs
    - UKSM
    - Zen Interactive Tune
    - BBR TCP Congestion Control
    - initramfs with zstd
    - Built on the GCC 8.2
    - Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation

    ◇based kernel source
    zen-tune kernel-4.19

    ◇Applied patches
    - linux 4.19.2 patch
    - Aufs patch
    - PDS 0.99d patch
    - UKSM patch
    - Ubuntu patch
    - Add-x86-zstd-kernel-compression.patch

    ◇Deleted module
    - Most items of Kernel Hacking

    ◇Optimized kernel configuration
    - Processer family -> Ice Lake
    - Kernel Compression mode -> gzip
    - Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)
    - Timer frequency -> 500Hz
    - Default I/O scheduler -> NOOP
    - Compiler optimization level -> Optimize performance
    - PDS on
    - UKSM on
    - Zen Interactive Tune on
    - Default CPUFreq Governor -> performance
    posted by takatan at 15:20| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする