◎メインサイトとSNS
VSRX - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファ レンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しています。
RED - デジタルガジェットとサブカルチャーの話題を取り上げています。
Instagram
Youtube Channel
KANSAI IDOL EVENT Calendar
人気記事ランキング
    最近の記事

    2018年09月30日

    スティックPCのOSをVSRX-18.37に更新

    スティックPC「STCK1A32WFC」にオリジナルOSの最新ポイントリリース「VSRX-18.37」をインストールしました。
    DoRbI76WkAEC0rd.jpg

    STCK1A32WFCの仕様は以下のリンク先に記載されています。
    https://ark.intel.com/ja/products/86612/Intel-Compute-Stick-STCK1A32WFC

    僕のSTCK1A32WFCには回転式USBハブを装備させており、これでUSBポートを3つ拡張しています。

    CPU-Xで表示されたプロセッサの仕様は以下の通りです。
    Screenshot from 2018-09-30 03-30-05.png
    Screenshot from 2018-09-30 03-31-05.png
    Screenshot from 2018-09-30 03-31-46.png
    Screenshot from 2018-09-30 03-32-05.png

    VSRX-18.37では、カスタムカーネル「VSRX kernel 4.18.10-muqss0173」に更新しており、Ubuntu 18.04 LTSよりも様々な部分で高速化を図っています。それでも、STCK1A32WFCのスペックがCore2 Duoを搭載したマシンレベルですので、フルHDの動画を再生するのは苦しいようです。Webブラウジングは普通に行なえますが、Pentium GやCeleron GなどのようなCore i系のローエンドプロセッサと比較するとやや遅く感じるでしょう。Youtubeでの動画再生は720pが最大値だと思っておけば良いかと思います。

    Screenshot from 2018-09-30 03-34-58.png

    PSPのゲームエミュレーターである「PPSSPP」でイースVIIをプレイしましたが、設定でx3の内部解像度にし、アンチエイジングを使わず、フレームスキップをオフにしても、スムーズにプレイ出来たのは少し驚きました。M.U.E.G.E.NのコンプゲームをWine3.0上で動作させましたが、キャラクターやステージの読み込みデータ容量が多いと少し時間がかかりますが、読み込めば、非常に快適にプレイ出来ました。microSDカードから起動させているので、データ転送速度がネックになっている可能性が高いです。
    posted by takatan at 12:31| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする