◎メインサイトとSNS
VSRX - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファ レンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しています。
RED - デジタルガジェットとサブカルチャーの話題を取り上げています。
Instagram
Youtube Channel
KANSAI IDOL EVENT Calendar
人気記事ランキング
    最近の記事

    2018年10月03日

    スティックPCやラズパイなどの超小型コンピューターを接続してノートパソコンに出来るドックを作りたい

    前々からスティックPCやラズパイなどの超小型コンピューターを接続してノートパソコンに出来るドックを作りたいと思っていて、ある程度アイデアはあるのですが、中々加工技術が無いので未だに実現していないのです(^_^;)

    参考になりそうなのは以下です。

    ◇Lapdock検索結果
    https://www.google.co.jp/search?q=Lapdock&client=ubuntu&hs=DNm&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwizi6auqOjdAhXVaN4KHSD_C9gQ_AUICygC&biw=1366&bih=610

    ◇スマホと合体、「ノートPC化」するドックが発売
    モトローラ ATRIX 4G用
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110521/etc_motorola.html

    ◇How to build a NEO GEO Pi-X "AES" console


    ◇2000円で作る7インチ自作HDMIモニター 紹介・動作確認 動画


    ◇RaspberryPi用5インチ液晶とスティックPCでモバイルPCが作れるか試してみた


    ◇ノートPCを自作する(35)MakerFaire2017に向けて1台完成
    http://point-cloud.hatenablog.com/entry/2017/07/24/075937

    ◇Raspberry Pi ZeroでノートPCっぽい物を作った
    http://x02-haduki.blogspot.com/2017/04/raspberry-pi-zeropc.html

    ◇文鎮化した中華パッドのHDMI液晶としての再利用
    http://www.srchack.org/article.php?story=20140202131552539

    ノートPC型ドックを作っておけば、スティックPCやラズパイなどのシングルボードコンピューターを新しいモデルに変更するだけでマシンがスペックアップしていくので汎用性が高いかなあと思います(^_^;)。自作デスクトップPCですと、故障パーツだけを交換するだけで良いですし、スペックアップしたい場合はパーツを増設したり、換装したりすれば良いですからね。その利便性をモバイル端末にも取り込みたいと考えています。

    一応求めるスペックは以下の通りです。パーツ探して、ちょっとずつ作っていこうかな(^_^;)
    ・CPUボードとして活用するスティックPCやラズパイなどの超小型コンピューターはHDMI接続でディスプレイと接続する。
    ・キーボードはメカニカルキーボードをUSB接続するか、Bluetooth接続する。
    ・USB Hubを使ってUSBポートを拡張する。
    ・電源は市販されているモバイルバッテリー
    ・HDMI入力端子を装備している液晶ディスプレイ
    posted by takatan at 02:54| 大阪 | PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年10月01日

    2018年10月のナンバーズ予想

    ◇予想結果
    ナンバーズ3
    5041回 379 ミニ
    5037回 594 ボックス、ミニ
    5036回 049 ストレート
    5034回 098 ボックス、ミニ
    5032回 083 ミニ
    5031回 271 ボックス
    5029回 352 ミニ
    5025回 368 ストレート
    5023回 233 ミニ
    5019回 942 ミニ

    ナンバーズ4
    なし

    ◇ミニ予想数字
    00, 01, 02, 03,
    14, 15, 18, 19,
    20, 21, 22,
    32, 33, 34, 36, 37, 38,
    42, 43,
    50, 51, 52,
    66, 67,
    75, 76, 78, 79,
    82, 83, 87, 88,
    93, 94, 97, 98

    ◇ナンバーズ3予想数字
    014, 016, 018, 019, 023, 024, 028, 036, 037, 045, 049, 057, 059, 089,
    126, 127, 129, 135, 137, 147, 157, 168, 169, 189,
    236, 237, 247, 278, 279,
    349, 358, 368, 369, 389,
    458, 459, 469, 478,
    568, 589

    ◇ナンバーズ4予想数字
    0059, 0124, 0126, 0137, 0138, 0148, 0149, 0169, 0189, 0237, 0245, 0246, 0257, 0278, 0289, 0347, 0348, 0349, 0356, 0358, 0369, 0378, 0456, 0459, 0468, 0489, 0568, 0579,
    1169, 1237, 1238, 1239, 1246, 1278, 1279, 1347, 1378, 1389, 1458, 1489, 1578,
    2359, 2367, 2379, 2456, 2579,
    3456, 3457, 3459, 3467, 3478, 3678, 3679, 3689, 3789,
    4568, 4589,
    5678, 5679, 5689
    posted by takatan at 17:46| 大阪 ☀| 宝くじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    オリジナルOS「VSRX-18.38」の更新予定ポイント

    オリジナルOS「VSRX-18.38」の次期リリースポイント「VSRX-18.38」の更新する部分は以下の通りです。

    ・収録Linuxアプリケーションの更新
    ・動画プレーヤーとしてGNOME MPVを追加。(既にMPVが入っているので、これはそのフロントエンド)
    posted by takatan at 15:23| 大阪 ☀| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月30日

    Linux版Steamクライアントのβ版にWindows APIレイヤー「Wine」の強化版が実装されている

    LinuxでSteamを使おうと思いますと、Windows APIレイヤー「Wine」を使ってWindows版のSteamを使う必要がありましたが、いよいよ公式Steamクライアントに、このWineを強化した「Proton」と呼ばれる実装が導入されました。現在は鉄拳7などが対応しているようですが、こういう実装が行われるとLinuxでも気軽にWindowsゲームが遊べるようになりますので、ぜひ、正式版にもどんどん対応していってもらいたいですね(^^)

    このβ版は公式クライアントから設定を変更するだけで使えるようになります。「Steam」メニュー→「Settings」→「Steam Play」に移動し、Advancedの2つの項目にチェックを入れますと、再起動を促されますので、OKを選べば、自動的に再起動→β版クライアントのインストールが行われます。次回以降はProtonが有効になった状態でSteamクライアントが使えるようになっています。

    Screenshot from 2018-09-30 15-29-30.png
    posted by takatan at 15:48| 大阪 ☔| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スティックPCのOSをVSRX-18.37に更新

    スティックPC「STCK1A32WFC」にオリジナルOSの最新ポイントリリース「VSRX-18.37」をインストールしました。
    DoRbI76WkAEC0rd.jpg

    STCK1A32WFCの仕様は以下のリンク先に記載されています。
    https://ark.intel.com/ja/products/86612/Intel-Compute-Stick-STCK1A32WFC

    僕のSTCK1A32WFCには回転式USBハブを装備させており、これでUSBポートを3つ拡張しています。

    CPU-Xで表示されたプロセッサの仕様は以下の通りです。
    Screenshot from 2018-09-30 03-30-05.png
    Screenshot from 2018-09-30 03-31-05.png
    Screenshot from 2018-09-30 03-31-46.png
    Screenshot from 2018-09-30 03-32-05.png

    VSRX-18.37では、カスタムカーネル「VSRX kernel 4.18.10-muqss0173」に更新しており、Ubuntu 18.04 LTSよりも様々な部分で高速化を図っています。それでも、STCK1A32WFCのスペックがCore2 Duoを搭載したマシンレベルですので、フルHDの動画を再生するのは苦しいようです。Webブラウジングは普通に行なえますが、Pentium GやCeleron GなどのようなCore i系のローエンドプロセッサと比較するとやや遅く感じるでしょう。Youtubeでの動画再生は720pが最大値だと思っておけば良いかと思います。

    Screenshot from 2018-09-30 03-34-58.png

    PSPのゲームエミュレーターである「PPSSPP」でイースVIIをプレイしましたが、設定でx3の内部解像度にし、アンチエイジングを使わず、フレームスキップをオフにしても、スムーズにプレイ出来たのは少し驚きました。M.U.E.G.E.NのコンプゲームをWine3.0上で動作させましたが、キャラクターやステージの読み込みデータ容量が多いと少し時間がかかりますが、読み込めば、非常に快適にプレイ出来ました。microSDカードから起動させているので、データ転送速度がネックになっている可能性が高いです。
    posted by takatan at 12:31| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    Raspberry Pi3向けのカスタムカーネルの作り方

    ビルド環境のOSはUbuntu 18.04 LTSを想定しています。

    1.カーネルビルドに必要な基本的なツールをPCに導入する。

    $sudo apt-get install build-essential libncurses5-dev git bc


    2.クロスコンパイルに必要なツールとRaspberry Pi用のカーネルのソースコードをgitから取得する。

    $ git clone https://github.com/raspberrypi/tools.git
    $ git clone https://github.com/raspberrypi/linux.git


    3.PCのユーザーディレクトリ上にある.bashrcに下記を追記して、ターミナルを開いているのであれば、一度閉じて再度起動させる。
    このように.bashrcに環境変数を設定しておくとビルドコマンドを打つ時に便利です。ここでは、Gitから取得したラズパイカーネルビルド用のツールのパスをCCPREFIXという環境変数に通しています。

    export CCPREFIX=${HOME}/tools/arm-bcm2708/arm-bcm2708hardfp-linux-gnueabi/bin/arm-bcm2708hardfp-linux-gnueabi-


    4.gitで取得したカーネルのソースコードがあるディレクトリに移動して、コンフィグファイルを作る。

    $cd linux
    $KERNEL=kernel7
    $make bcm2709_defconfig


    5.コンフィグファイルを自分好みに変更したい時には、以下のコマンドで設定をしていきます。

    $make xconfig


    6.クロスコンパイルでカーネルをビルドする。CROSS_COMPILEには先程設定しておいた環境変数CCPREFIXを入れておきます。

    $ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=${CCPREFIX} zImage modules dibs


    -jオプションはビルドマシンのプロセッサのスレッドに応じて、スレッド数を変更する。

    7.モジュールをビルドして纏めておく。

    $ mkdir tmp_module
    $ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=${CCPREFIX} modules -j4
    $ make ARCH=arm CROSS_COMPILE=${CCPREFIX} INSTALL_MOD_PATH=./tmp_module modules_install -j4


    ◇参考にしたWebページ
    https://www.raspberrypi.org/documentation/linux/kernel/building.md

    posted by takatan at 01:41| 大阪 ☔| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月29日

    オリジナルOS「VSRX-18.37」の更新予定ポイント

    オリジナルOS「VSRX-18」の次期リリースポイント「VSRX-18.37」で更新を予定している点は以下の通りです。

    ・カスタムカーネル「VSRX kernel 4.18.10-muqss0173」に更新
    ・収録Linuxアプリケーションの更新を適用
    ・Avidemuxを追加
    ・fbpanelにAvidemuxとPPSSPPのボタンを追加
    ・Openboxの右クリックメニューの「About VSRX-18」に、カーネルをビルドした時に使ったGCCのバージョンを表示するように変更
    posted by takatan at 16:36| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月27日

    M.U.G.E.Nコンプゲーム「Crossover」について

    M.U.G.E.Nコンプゲーム「Crossover」のゲームエンジンはM.U.G.E.N 1.1bです。フルカラーのPNGや拡大縮小処理にも対応していますので、今までのM.U.G.E.Nと比較する表現力が高くなっています。
    Crossoverの登場キャラクターは、ゲームやアニメで人気の女性キャラクターのみで構成されています。ストーリーは、V.GやGateなどを参考にしていますが、まだ完全にストーリーが煮詰まっていません(^_^;)
    ステージや敗北後の演出に関しては、思いついたアイデアを出来るだけ導入していっており、全26ステージになっています。2018年9月26日に久しぶりの最新バージョンを公開しました。だいぶ余計な物を外して、新しい物を追加したりしましたが、他の人のコンプゲーを見ますとまだまだCrossoverの完成度は低いなあと思っています。次のバージョンは、いつになるか分かりませんが、現在以下の事を計画しています。

    ・ストーリーの練り直し
    ・ストーリーの練り直しをした場合、特定のキャラクターのオープニングとエンディングの内容を変更するかもしれない。
    ・難易度が高いので、強いキャラクターを最後の方に登場するようにバランス調整を実施。
    ・キャラクターは増やさず、技の追加や演出の適度な追加を行い、キャラクターの魅力を高める。場合によっては、キャラクターを外す可能性もある。
    ・総ファイル容量が2.1GBですので、この容量を減らす。
    ・ストーリー・ステージ・キャラクターを徐々に改良して、Crossoverの世界観を構築する。
    ・全キャラクターに拡大縮小処理を入れるかどうかは未定。
    ・神キャラや凶キャラのような過度な演出や凶悪な強さは入れず、強くても倒せるようなレベルに調整したい。

    開発環境は以下の通りで、主にLinux+Wine、Windowsで動作する事を想定しています。

    Linux+Wine 3.6+Fighters Factory 3.0.2000.2013
    GIMP 2.8
    Leafpad
    Audacity
    posted by takatan at 00:32| 大阪 ☔| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月26日

    M.U.G.E.N Full game"Crossover(ver.20180926)"

    [Change Point]
    - Delete Nyarlathotep,Chunli(sf4),Cammy(sf4),Poison(sf4)
    - Added Chunli(sf3),Cammy(MVC2),Poison(sf3),Princess Athena(SVC)
    - Removed Ginza stage,Ferris jyogakuin stage,Akb stage,Tobitashinchi stage,dreamy_world stage
    - Relesed Team Battle mode and Survival mode
    - Changed the loser scene of Schlussel
    - I made a littile change to Shibuya 109 stage,Yodobashi stage,MAID CAFFE stage,Hepfive stage,earth-worlds stage,nightvillage stage,town stage
    - Changed the pictuers of the default ending
    Download Crossover

    Please use 7zip to decompress the file.
    If you are using Linux,you can install from various package managers.

    [Operating enviroment]
    Windows+OpenGL,Linux+Wine+OpenGL
    [Game Engine]
    M.U.G.E.N 1.1β1

    Restricted to 18 years and over


    [Characteristics]
    - Full color indication by M.U.G.E.N 1.1β1
    - It is equipped with the rape mode that a loser is raped.
    - Some characters are equipped with ryona function and hentai function.
    - 64 fighters participate
    - Contains 26 stage

    [64 fighters]
    - Asuna Yuuki(Sword Art Online)
    - Yuuki Konno(Sword Art Online)
    - Yuka Takeuchi(V.G)
    - Jun Kubota(V.G)
    - Akiha Tohno(Melty Blood)
    - Hisui(Melty Blood)
    - Yumiduka Satuki(Melty Blood)
    - Kuroyukihime(Accel World)
    - Chunli(Street Fighter III)
    - Cammy White(MVC2)
    - Sakura Kasugano(Street Fighter α)
    - Elena(Street Fighter III)
    - Rainbow Mika(Street Fighter)
    - Poison(Street Fighter III)
    - Athena Asamiya(The King of fighters)
    - Mai Shiranui(The King of Fighters)
    - Leona Heidern(The King of Fighters)
    - Yuri Sakazaki(The King of Fighters)
    - BlueMary(The King of Fighters)
    - Kula Diamond(The King of fighters)
    - Athena(SVC)
    - Nakoruru(samurai spirits)
    - Mina Majikina(Samurai Spirits)
    - Shiki(Samurai Spirits)
    - Iroha(samurai spirits)
    - Jill Valentine(Biohazard)
    - Miku Hatune(Hatune Miku)
    - Kirino Kousaka(ore_no_imouto_ga_konna_ni_kawaiiwake_ga_nai)
    - Misaka Mikoto(to_aru_majyutu_no_index)
    - Taiga Aisaka(toradora)
    - Heart_Aino(Arcana Heart)
    - Wonder Momo(Wonder Momo)
    - ATY(Summon Night)
    - Kai(The Tower of Druaga)
    - Sailor Mars(Sailor Moon)
    - Sailor Neptune(Sailor Moon)
    - Cure Blossom(Precure)
    - Yui Hirasawa(K-ON!)
    - Mio Akiyama(K-ON!)
    - Tumugi Kotobuki(K-ON!)
    - Ristu Tainaka(K-ON!)
    - Azusa Nakano(K-ON!)
    - Lilith(Vampire Hunter)
    - Morrigan(Vampire Hunter)
    - Arena(Dragon Quest IV)
    - Lili(tekken)
    - Luna Himeki(Vanguard Princess)
    - Yukina_Himeragi(STRIKE THE BLOOD)
    - Haruhi Suzumiya(Suzumiya_Haruhi)
    - Scharlachrot(Arcana Heart)
    - Shannon(umineko_no_nakukoro_ni)
    - Blackrock★Shooter(Blackrock Shooter)
    - Selvaria Bles(senjyou_no_valkyria)
    - Shana(syakugan_no_shana)
    - Saber(Fate/Extra)
    - Mami(mahousyoujyo_madoka_magika)
    - Homura(mahousyoujyo_madoka_magika)
    - Miyuki Shiba(mahouka_koukou_no_rettousei)
    - Tohka(Date or Alive)
    - Emi Yusa(Hataraku_maou_sama)
    - Ako(netoge_no_yome_ha_onnanoko_to_omowanakatta?)
    - Yoko Littner(tengen_toppa_gurren_lagann)
    - Schlussel
    - Princess Athena(SVC)
    - Yukiko Amagi(P4)

    [26 Stages]
    - Sofmap stage
    - Joshin stage
    - Yodobashi stage
    - Osakastation stage
    - Shibuya109 stage
    - Shinagawa jyoshi gakuin stage
    - Coast stage
    - City stage
    - Maid cafe stage
    - Ikebukuro station stage
    - Bath stage
    - Boatrace suminoe stage
    - Kyobashi stage
    - Otaroad stage
    - Hepfive stage
    - earth-worlds stage
    - remains stage
    - nightvillage stage
    - church stage
    - forests stage
    - colosseum_fantasy stage
    - ruins stage
    - town stage
    - fortress stage
    - desertStorm stage
    - cthulhu stage

    Screenshot from 2018-09-26 00-59-09.png

    Go to Screenshot Page

    posted by takatan at 03:04| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月24日

    Python2.3以前とPython3のリストの逆順にする方法が異なる

    Python2とPython3で違うところは、かなり多いけれども、その中でもリスト処理をしている時に気づき易いのがリストの逆順の方法です。

    ◇Python2.3以前の場合

    import numpy as np
    n1 = np.asarray([1,2,3,4,5])
    n2 = np.asarray([2,4,6,8,10])
    n2 = n2.sort(cmp=lambda x,y:cmp(x[1],y[1]),reverse=True)
    n = zip(n1,n2)
    print(str([i[1] for i in n]))


    ◇Python3の場合

    import numpy as np
    n1 = np.asarray([1,2,3,4,5])
    n2 = np.asarray([2,4,6,8,10])
    n2 = [i for i in n2[::-1]]
    n = zip(n1,n2)
    print(str([i[1] for i in n]))


    Python2.3以前の場合は、lambda式を利用して無名関数を作って、逆順になるまで繰り返し処理をしていくという方法を使ったりしましたが、Python3ではより簡略化されており、スライスで逆順が出来るようになっています。この他にもPython3ではreversed関数を使う事でもリストの逆順を行う事が可能です。

    ◇Python3でreversed関数を使った場合

    import numpy as np
    n1 = np.asarray([1,2,3,4,5])
    n2 = np.asarray([2,4,6,8,10])
    n2 = [i for i in reversed(n2)]
    n = zip(n1,n2)
    print(str([i[1] for i in n]))

    posted by takatan at 01:49| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする