◎メインサイトとSNS
VSRX - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファ レンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しています。
RED - デジタルガジェットとサブカルチャーの話題を取り上げています。
Instagram
Youtube Channel
KANSAI IDOL EVENT Calendar
人気記事ランキング
    最近の記事

    2018年09月15日

    オリジナルOS「VSRX-18」用設定ツール「VSRX settings」

    VSRX Settingsは、オリジナルOS「VSRX-18」用の設定ツールです。ディスプレイやキーボードなどの設定、Openbox関連の設定、SSB(Site Specific Browser)の利用が行えます。

    VSRX Settings

    Screenshot from 2018-09-15 02-16-59.png
    posted by takatan at 02:16| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月13日

    オリジナルOS「VSRX-18.35」での変更予定ポイント

    オリジナルOS「VSRX-18」の次のリリースポイント「18.35」での変更をする予定のポイントは以下の通りです。

    ・Firefox 62に更新
    ・CK1パッチ12種とUKSMパッチを適用したカスタムカーネル「VSRX kernel 4.18.6-muqss0173」に更新
    ・Jack Audio Connection Kitの設定をサンプルレート192000Hzをベースに変更
    ・ハードウェアの構成を調べられる「CPU-X」の追加
    ・人工知能開発用のPython仮想環境の追加
    ・Choromium Browser 69に更新
    posted by takatan at 12:03| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月11日

    Processing.jsで複数のpdeファイルを取り込むには

    Processingは、Javaベースのデジタルアート向けのプログラミング環境であり、標準のエディタでは複数のpdeファイルを並行して使う事が出来る為、よく使う処理はクラスやメソッドにして、本体とは別のpdeファイルにするのが一般的であり、効率的です。JavaScript実装のprocessing.jsでも同じように本体pdeファイルとクラスpdeファイルを分けておく事が出来ます。
    クラスpdeファイルである「cx2.pde」と本体pdeファイルである「worp_man.pde」があるとします。以下はHTMLソースコードの一部です。


    <script src="processing.js" type="text/javascript"></script>
    <script type="text/javascript">
    function getProcessingSketchId () { return 'vivid'; }
    </script>
    </head>
    <body>
    <canvas id="sketch3dstg" data-processing-sources="cx2.pde worp_man.pde" width="1280" height="720">
    <p>Your browser does not support the canvas tag.</p>
    </canvas>
    <noscript>
    <p>JavaScript is required to view the contents of this page.</p>
    </noscript>
    </body>


    canvas要素のdata-processing-sources属性を「data-processing-sources="cx2.pde worp_man.pde"」とする事で、纏めてpdeファイルの導入が可能です。
    posted by takatan at 22:40| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    Processing作品公開(2018/9/11)

    Processing.jsで動作するProcessingオリジナル作品です。

    ◇Card Shuffle
    Card Shuffle
    Screenshot from 2018-09-11 22-20-20.png

    ◇RBW
    RBW
    Screenshot from 2018-09-11 22-20-38.png

    ◇Worp Man
    Worp Man
    Screenshot from 2018-09-11 22-20-48.png

    ◇Spider Ball
    Spider Ball
    Screenshot from 2018-09-11 22-21-00.png

    ◇Prism
    Prism
    Screenshot from 2018-09-11 22-21-07.png

    ◇Sea
    Sea
    Screenshot from 2018-09-11 22-21-13.png

    ◇Snow Circle
    Snow Circle
    Screenshot from 2018-09-11 22-21-20.png
    posted by takatan at 22:24| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月08日

    GPUのファンが煩くなってきたのでグリスの塗り直しと清掃を行ったら改善した(^^)

    メインマシンは、Pentium G4600+Radeon RX 460のミニタワー自作マシンを使っていますが、GPUをフルパワーで使うとグラボのファンが高回転してかなり煩くなったので、清掃とグリスの塗替えを実施しました<(`・ω・´)

    Radeon RX460搭載のグラボのファンを外すとこんな感じでした。これを綺麗に拭き取ってシルバーグリスを塗り
    IMG_20180908_211302.jpg


    ファンも綺麗にしました。
    IMG_20180908_213151.jpg

    ついでに、CPUの方もCPUクーラーを外して、ファンとフィンを清掃し、シルバーグリスを塗り直しました。
    IMG_20180908_215254.jpg

    ウルトラストリートファイターIV実行後のプロセッサとグラボの温度は以下のようになっていました。
    Screenshot from 2018-09-08 23-21-13.png

    PCSX2+FIFA14実行後のプロセッサとグラボの温度は以下のようになりました。Screenshot from 2018-09-08 23-36-42.png

    高負荷をかけ終わっても、「ガーッ」という物凄い音は全くならなくなり、低負荷やアイドルになりますと、直ぐに温度が下がるようになったので、効果は出ているようです(^^)

    ちなみに、アイドル時のグラボの温度は39度(2018/9/9 室温22度)となっています。
    Screenshot from 2018-09-09 01-35-07.png

    2018/9/9 3:44時点でCPU(Pentium G4600)の低負荷時の温度が38度、GPU(Radeon RX 460)が36度とだいぶ低いですね(^_^;)
    Screenshot from 2018-09-09 03-43-28.png
    posted by takatan at 23:52| 大阪 ☔| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月07日

    開発ブログのタイトルを変更しました<(`・ω・´)

    開発ブログのタイトルを「Project Valkyrie」から「Project VSRX」に変更しました。
    posted by takatan at 21:45| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月06日

    Wine 3.14上でウルトラストリートファイターIVベンチを実行してカスタムカーネルの性能比較を行いました

    ◇環境と設定
    Pentium G4600
    DDR3 8GB
    SSD 240GB
    Radeon RX 460

    Screenshot from 2018-09-05 16-28-02.png

    ◇VSRX kernel 4.18.5-rt3を使った結果
    Screenshot from 2018-09-05 16-28-28.png
    Screenshot from 2018-09-05 16-27-46.png

    ◇VSRX kernel 4.18.5-pds098yを使った結果
    Screenshot from 2018-09-05 16-38-39.png
    Screenshot from 2018-09-05 16-36-25.png

    ◇Linux kernel 4.15.0-33-lowlatencyを使った結果
    Screenshot from 2018-09-05 17-43-04.png
    Screenshot from 2018-09-05 17-44-12.png

    ◇VSRX kernel 4.18.6-muqss0173を使った結果
    Screenshot from 2018-09-06 14-59-16.png
    Screenshot from 2018-09-06 14-59-39.png

    ◇グラフで比較(単位はFPS)
    kernel_bench_on_wine314_usf4.png

    PDS版の方が3fpsから5fps性能が高いという結果になりました。誤差範囲ですけどね(^_^;)
    ゲームでは、MuQSS版の性能が際立っています。
    posted by takatan at 15:17| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    Handbrakeでカスタムカーネルの性能比較をしてみた

    ◇環境と設定
    Pentium G4600
    DDR3 8GB
    SSD 240GB
    Radeon RX 460

    Screenshot from 2018-09-06 01-45-15.png

    ◇VSRX kernel 4.18.5-rt3を使った結果
    Screenshot from 2018-09-06 01-59-32.png

    ◇VSRX kernel 4.18.5-pds098yを使った結果
    Screenshot from 2018-09-06 01-47-51.png

    ◇Linux kernel 4.15.0-33-lowlatencyを使った結果
    Screenshot from 2018-09-06 01-58-50.png

    ◇VSRX kernel 4.18.6-muqss0173
    Screenshot from 2018-09-06 14-44-27.png

    ◇グラフで比較(単位はs、時間が短いほど高性能)
    kernel_bench_handbrake_h264.png

    それほど差がありませんが、少しでも差が出てますね(^^)
    VSRX kernel 4.18.5-pds098y > VSRX kernel 4.18.5-rt3 > Linux kernel 4.15.0-33-lowlatency = VSRX kernel 4.18.6-muqss0173

    posted by takatan at 01:50| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月03日

    Original Linux Application "Viper Tools(20180903)" released

    <変更点>
    ・ナンバーズ予想スクリプトを改良

    Viper Tools Download

    Documentation(このアプリケーションの使い方やモジュールに搭載しているメソッドについて纏めています。)

    Screenshot from 2018-04-08 18-51-39.png

    [動作環境]
    ・Ubuntu系ディストリビューション(Ubuntu,Xubuntu,Lubuntu,Kubuntu,Linux Mintなど)
    ・Python 3.5,Python2.7
    ・GTK+3
    ・libglade
    ・xfce4-terminal

    動作環境を整える為に、「install_libraryapps」というシェルスクリプトを同梱しています。
    このアプリケーションを使う前に実行すると必要なアプリケーションがインストールされます。


    $./install_libraryapps


    Viper Toolsは、様々な機能を使う事が出来るPythonアプリです。

    ・実行ファイル「vipertools.x」を同梱しました。これをダブルクリックする事でツールを起動させられます。
    ・人工知能による自動文章作成と読み上げ機能
    ・競艇予想や数字選択式宝くじ予想機能
    ・Ubuntu系LinuxディストリビューションをオリジナルのLinuxディストリビューションである「VSRX」のデスクトップ環境に変換する機能
    ・OpenJtalkを使ってコンピューターを喋らせる機能
    ・tmpfsのRAMDISK量の調整機能
    ・アニメーションGIFのようなアニメーションSVG、APNGを作成する機能
    ・Ubuntu系Linuxディストリビューション対応のアプリケーションのインストール
    ・Ubuntu系Linuxディストリビューションのリマスター機能(リマスターツール「Ubuntu Builder」をベースにGUI部分をGambas2からGlade(gtk+3)に変更)。
    ・ChromiumにGoogle Chrome内蔵のWidevineを入れる事が出来る「install widevine」機能
    ・カスタムカーネルのビルド機能
    posted by takatan at 16:25 | TrackBack(0) | アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年9月のナンバーズ予想

    ◇当選結果
    ナンバーズ3
    第5000回 317 ミニ
    第5005回 283 ボックス
    第5006回 739 ボックス、ミニ
    第5008回 589 ストレート
    第5012回 234 ストレート
    第5014回 240 ボックス

    ナンバーズ4
    第4999回 0659 ボックス
    第5011回 9052 ボックス
    第5012回 6804 ボックス
    第5013回 8691 ボックス




    ◇ミニ予想数字
    02,
    14, 17, 18, 19,
    21, 28,
    32, 33, 36, 37, 39,
    42,
    51, 58,
    66,
    82, 87,
    93, 97

    ◇ナンバーズ3予想数字
    014, 017, 018, 024, 028, 029, 036, 037, 066, 079,
    125, 135, 138, 146, 147, 169, 178, 179,
    234, 236, 237, 238, 245, 247, 258, 268, 278, 279,
    358, 359, 368, 369, 378, 379, 389,
    458,
    568, 579, 589,
    678

    ◇ナンバーズ4予想数字
    0059, 0124, 0137, 0139, 0148, 0149, 0189, 0246, 0257, 0259, 0278, 0289, 0347, 0348, 0358, 0369, 0378, 0456, 0468, 0479, 0569, 0579, 0689,
    1148, 1236, 1238, 1239, 1246, 1249, 1269, 1278, 1279, 1347, 1349, 1368, 1378, 1389, 1458, 1467, 1469, 1478, 1568, 1578, 1689,
    2359, 2379, 2389, 2456, 2569,
    3457, 3459, 3467, 3678, 3689,
    4679, 4789,
    5668, 5678, 5679,
    6789
    posted by takatan at 16:21| 大阪 ☀| 宝くじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする